コインパーキング経営をサポートしてくれる会社の情報を掲載!

HOME » 知っておきたい時間貸し駐車場経営のあれこれ » コインパーキングに向く土地

コインパーキングに向く土地

このページでは、コインパーキング経営に適した土地の条件と、注意ポイントについて解説します。

コインパーキングに適した土地の3つの条件

コインパーキングに適した土地の条件は、大きく以下の3つがあります。

1.前面道路にある程度の交通量がある

土地が面している道路に、ある程度自動車の交通量がなければ、そもそも潜在的需要が見込めません。また、道路に面する部分が狭く、路地奥に駐車スペースがあるような土地よりは、道路に面した部分が大きい方が有利ですし、角地など2面で道路に面している方が進入口を複数設置できる場合もあります。

2.周辺に競合するコインパーキングが少ない

その土地の周辺地区に2カ所以上コインパーキングがある場合、新たに事業をスタートすると、価格競争になることが容易に想像できます。徒歩で数分以内の範囲に競合がいくつあるか、しっかりチェックしておきましょう。

3.近隣に集客施設がある

大きな企業やマンションなどの集合住宅、駐車スペースの充実していない飲食店など商業施設が近隣にある場合、駐車場需要が見込めます。

周辺状況で注意すべき3つのポイント

周辺状況をチェックする際、コインパーキングの経営に影響を与えそうな注意点として、以下の3つも見逃せないポイントです。

1.前面道路が広すぎる

交通量が多い道路に面しているといっても、8メートル以上の道路などで、路側帯に余裕があるような場合、駐禁の標識があっても、短時間路上駐車する人は少なくありません。こうした場合、自動車の往来が多い割に、コインパーキングの利用がそれほど伸びなくなることがあります。

2.周辺に月極駐車場が多い

コインパーキングだけでなく、月極駐車場も、需要においては競合となります。周辺に月極駐車場が多ければ、駐車スペースを必要とする利用者自体が少ないともいえるのです。また、周辺の月極駐車場に空きが多いようなエリアでは、駐車場ニーズそのものが少ない可能性も見込まなければなりません。

3.路上駐車している車が多い

日頃から路上駐車が頻繁に見られるようなエリアでは、駐車するのにお金を払うというモラルに欠ける傾向があるともいえます。駐禁の取り締まりが緩い傾向があることも考えられ、需要自体はあっても、コインパーキングを利用する意識が低い可能性があるので、注意が必要です。