コインパーキング経営をサポートしてくれる会社の情報を掲載!

HOME » 知っておきたい時間貸し駐車場経営のあれこれ » デメリットを知り、リスク管理を

デメリットを知り、リスク管理を

このページでは、駐車場経営のデメリットと、対処法を紹介していきます。

時間貸し駐車場の経営リスクとは?

コインパーキングという駐車場を経営する際、メリットだけでなく、デメリットも踏まえた上で、その対処を考慮しておく必要があります。

コインパーキングは機械式で自動精算ですから、管理の手間はほとんどかかりません。それは一方で、機器を壊されたり、精算機から売上金を盗まれたりするリスクにも通じるのです。特にコインパーキングは365日24時間営業ですから、深夜帯などは特に無防備な状態に見えます。

監視カメラなど、防犯対策の徹底を

コインパーキングを経営するうえで、場内に監視カメラを設置したり、精算機には防犯ブザーを付けるなどの対策は、必要不可欠です。それを利用者にも分かるようにすることで、抑止効果も働きます。

ロック板を乗り越え、料金を払わずに出庫するようなケースに関しても、監視カメラにナンバープレートが映っていると認識させれば、一定の抑止力になると思います。

警備体制が充実した管理会社を選択して

防犯という意味では、管理を委託するパートナー会社の警備・管理体制も重要です。

例えば「タイムパーキング」では、トラブル時に24時間の電話対応と、警備担当スタッフの緊急出動というサービスがあります。各種機器は遠隔操作・遠隔監視されているので、トラブルのチェックも迅速です。

また、夜間パトロールも実施しているので、機械だけの防犯よりも、安心度はより高くなります。機器の破損や売上金の盗難は、経営上の損失として引き当てることになるので、検討段階ではこうしたリスク要因も考慮した上で、より信頼性の高いパートナー会社を選ぶべきでしょう。