コインパーキング経営をサポートしてくれる会社の情報を掲載!

HOME » 知っておきたい時間貸し駐車場経営のあれこれ » 利益率をチェック!

利益率をチェック!

このページでは、資産運用としての土地活用で、コインパーキングによる駐車場経営の利益率を、事例とともに紹介します。

時間貸し駐車場経営なら、月極の5倍の売り上げも

ある経営コンサルタントがネットで解説していますが、コインパーキングは月極駐車場の5倍の売り上げが見込めるビジネスだそうです。東京都都内の場合、利益率70%というケースも珍しくありません。この想定でコインパーキングと月極駐車場とを比べてみましょう。

例えば、月極で1ヶ月3万円の駐車場をコインパーキングへ転用するとします。

  • 日中の16時間を1時間400円
  • 夜間の8時間を1時間100円

上記の価格帯で時間貸しにすれば、1日あたり5,040円の売り上げで、月あたりなら15万1,200円となるわけです。

もちろん、稼働率は随時変動するので、一概にはいえませんが、約5倍の売り上げというアドバンテージがあれば、稼働率や料金設定にもある程度の余裕を持たせられます。

月極からコインパーキングへの転用事例

月極からコインパーキングへの転用実例として、ネット上で見つけたケースを紹介します。

千葉県千葉市で6台分の月極駐車場を経営。月の駐車場代は1台あたり4万円で設定していたものの、3台分が空き状態だったため、6台分すべてをコインパーキングに。結果、駐車場1台分あたりの売り上げが約4倍になったそうです。

建物跡地でのコインパーキング経営事例

同じく千葉県千葉市で、建物を取り壊した跡地をコインパーキングにした事例もありました。こちらは、5台分の駐車スペースを構築、近隣の月極駐車場との比較で、1台分あたり約4倍の売り上げになったそうです。

こうした事例からも、コインパーキングは駐車場経営の中で、非常に利益率の高い形態であるといえます。