コインパーキング経営をサポートしてくれる会社の情報を掲載!

HOME » 知っておきたい時間貸し駐車場経営のあれこれ » コインパーキング経営のこれから

コインパーキング経営のこれから

これからますます高まっていくと推測されるコインパーキングの需要と、その将来性について解説しています。

コインパーキングの需要

コインパーキングは現在、需要に対して供給のバランスが少ない状況です。日本全国の車の台数は約7,400万台。これに対して、コインパーキングの台数はわずか700万台しかありません(2010年4月データ)。

車は移動手段であり、移動した先には必ず、駐車スペースが必要となります。普段の置き場所として月極め駐車場を借りていたとしても、移動中の駐車場所として、さらに複数の駐車スペースが必要となります。

全国の車の台数が約7,400万台だからと言って、台数分の駐車スペースを確保すれば良いというわけではありません。移動する先々で、車の総数の何倍もの駐車スペースが必要とされるのです。

このような理由から、駐車場の数、駐車スペースは慢性的に不足しています。首都圏、関西中心部、政令指定都市においては特に、駐車場の慢性的不足が目立っています。

コインパーキングの将来性と経営のメリット

それでは、コインパーキング経営の将来の需要はどうなのでしょうか。

現状は業界大手数社の合計でも、全体シェアの5~8%しか占めていません。大小さまざまなコインパーキング業者が、混在して参入していることがわかります。

大手のコインパーキング業者だから、シェア上位に食い込むのが可能、というわけではありません。つまり、コインパーキング経営を考えるオーナーにとって、将来性も大きい業種ということになります。

コインパーキングが慢性的に不足といいつつ、1か所のコインパーキングのすぐそばに、別のパーキングがあることも珍しくありません。しかし、駐車場のマーケットは200m圏内と言われます。ですから、近い場所にあると思っても、マーケットとしては十分に両立可能なのです。